男子100メートル決勝でサニブラウンが9秒99を記録


 サニブラウンが10秒を切り、9秒99の記録を出しました。

 日本人では、桐生祥秀さんが2017年9月に9秒98を記録していますが、それに次ぐ記録です。

 ウサイン・ボルトによる9秒58を目標にしているとのことで、いずれはもっとすごい記録を出してきそうです。

 サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が11日(日本時間12日)、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の男子100メートル決勝で、日本歴代2位で、日本人2人目の9秒台となる9秒99(追い風1・8メートル)をマークし、優勝した。これまでの自己ベスト10秒05を0秒06更新。東京五輪の参加標準記録(10秒05)も、日本選手で初めて突破した。