マイクロバスが崖下に転落し14人が重軽傷


 

10日午後、群馬県南牧村でマイクロバスが林道脇の崖下に転落し、乗客のうち14人が重軽傷を負いました。停車中のバスが突然、動きだしたと見られ、警察は66歳の運転手を業務上過失傷害の疑いで逮捕し、詳しい原因を調べています。