世界初!はやぶさ2が小惑星リュウグウに人口クレーターを形成


 はやぶさ2、世界初の偉業です。

 先日、はやぶさ2から小惑星リュウグウにたいする衝突実験を行った結果、人口クレーターが形成されたと発表しています。

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成31(2019)年4月5日に小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載した衝突装置(SCI: Small Carry-on Impactor)を小惑星Ryugu(リュウグウ)に向けて分離し、作動させる運用を行いました。
 「はやぶさ2」に搭載している望遠の光学航法カメラ(ONC-T)の観測画像を確認した結果、衝突装置によりクレーターが生成されたと判断しましたのでお知らせします。

 これは、4月5日に実施した小惑星リュウグウへの衝突実験の結果として形成されたクレーターです。