大阪のスーパーが賞味期限切れ食品の取り扱いを開始


 大阪のスーパーが、賞味期限切れ食品を取り扱っているというニュースがありました。

 定価600円のラーメンが20円、1000円の夕張メロンゼリーが180円で購入できるそうです。

 個人的には賞味期限切れでも全然OKなんで、近くにこういうスーパーがあったら通いますね。

「消費期限」は安全に食べられる期限、「賞味期限」はおいしく食べられる期限です。そのため「賞味期限」を過ぎたら「食べる派」と「捨てる派」に人によって選択肢が分かれます。そんな中、大阪に賞味期限を過ぎた商品などを取り扱うスーパーができました。消費者が「買う」という選択肢で食品ロス問題に取り組んでいます。