松山地裁が原発避難者訴訟で東電と国の責任認める


 東電と国は大津波の発生を予見できなかったと主張してますが、過去に何度も大津波が発生している場所なので、その主張には無理があると思うんですよね。

 数十年に一度くらい頻度で大津波が発生してるわけですし。

 東京電力福島第1原発事故で、福島県から愛媛県に避難した住民ら10世帯25人が、東電と国に計約1億4000万円の損害賠償を求めた集団訴訟で、松山地裁(久保井恵子裁判長)は26日、東電と国の責任を認め、うち23人について賠償を命じた。同種訴訟で国の責任を認めた判決は6件目。