セブンイレブン本部が時短営業店の契約解除を撤回


 人手不足から短縮営業を始め、セブン―イレブン・ジャパン本部が違約金などを求めた大阪府東大阪市のセブン―イレブン加盟店に対し、本部側が一転して「短縮営業を理由に違約金や契約解除は求めない」と伝えていたことが14日、分かった。

 24時間営業しても、深夜から早朝までの時間帯は来客が少なくて儲からないんじゃないですかね。

 アルバイトには通常時間帯よりも高い時給を支払わないといけないのに、客が少ないのでは利益が出しにくいでしょう。

 前例ができたので、深夜営業をやめる店舗が増えるのではないでしょうか。

 無理して深夜営業を続ける必要はないと思います。