葛飾北斎「神奈川沖浪裏」がモスクワの高層住宅の壁画に


ロシアの首都モスクワ南部に江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が壁面に大きく描かれた高層住宅が完成した。住宅開発会社によると、計6棟の1500戸のうち約1450戸は売却済みと「売れ行きは好調」で3月に入居が始まる。