辺野古埋め立ての土砂積み出し港の使用許可下りず


港の一部が台風で損壊していて、これ以上受け入れることができないようです。


画像は沖縄、土砂搬出港の年内使用困難 辺野古工事で地元の町説明より

 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に使う土砂を運び出すため、沖縄防衛局が本部町に本部港の使用許可を申請しようとしたところ、受理されなかったことが2日、分かった。岩屋毅防衛相が2日の記者会見で明らかにした。

1日に町に使用許可を求めたが、台風で岸壁の一部が被害を受けていることや、すでに他の使用許可が45件出されていることを理由に難色を示されたという。

岩屋氏は「本部町との調整を進め、速やかな使用許可を得たい」と述べ、引き続き町に許可を求める考えを示した。

埋め立て承認撤回の執行停止を受け、1日に工事を再開したことには「普天間飛行場の固定化を絶対に避けるためにも、ここは前に進ませていただきたい」と述べ、改めて工事を進める考えを示した。

辺野古への土砂搬入、本部港の使用許可を得られず 沖縄防衛局

 どうしても工事を止めさせたい沖縄県からすると、先日の台風は神風なのかもしれません。