稀勢の里が引退を発表


 大相撲の横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、都内で引退会見を開いた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)とともに入場し、「私、稀勢の里は今場所をもちまして引退をし、年寄・荒磯として後進の指導にあたりたいと思います。現役中は大変お世話になりました。ありがとうございました」と挨拶した。会見中は何度もあふれ出る涙をぬぐった。

 「土俵人生において、一片の悔いも残っていません」という稀勢の里のコメントに対して、ネット上ではラオウというキーワードが飛び交っています。