新日鉄住金が敗訴、韓国で戦時中の徴用工裁判


新日鉄住金が敗訴、韓国で戦時中の徴用工裁判

 10月30日、韓国の大法院(最高裁判所)は新日鉄住金に戦時中の韓国人徴用工4人に対する賠償金を支払うよう言い渡した。国交正常化の際の基本的な合意を覆すもので、日韓関係は「無法」状態に突入した。

 外交的な衝撃も計り知れない。この判決は1965年の国交正常化にあたり、日韓基本条約とともに結んだ日韓請求権協定を完全に踏みにじった。

韓国の大法院も理性を失ってますね。日韓請求権協定に「個人の請求権は消滅する」と明記してあることを完全無視です。韓国の大法院の賠償命令に対して日本政府は非難する程度しかできないので、困ったものです。

他にも同様の裁判がたくさん提訴されているのですが、訴えられている企業は韓国から撤退するか、賠償金を支払うか判断が迫られますね。