IWC脱退を発表 来年から商業捕鯨を本格的に再開へ


 政府は26日、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)を脱退すると表明した。来年7月から、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)で本格的に商業捕鯨を再開する方針。日本が国際機関を脱退するのはきわめて異例だ。

 国際協調が大切だとする意見も出ています。

 加盟国が89あるということは、世界190カ国くらいあるので、非加盟国も100ほどあるということですね。

 カナダ、インドネシア、フィリピンなどは非加盟国です。